トップページ > ヘアケア豆知識
ヘアケア豆知識
お客様から寄せられる「よくあるご質問」をまとめました。
髪に関するお悩みがございましたら、お気軽にご相談ください。
髪質編
髪が多くて太くて、堅くて広がる。なんとかならない?
ストレートエステをおすすめします。実際の髪の量より多く見え、堅い感じに見えるのは水分が足りません1回のエステでかなり落ちつき軟らかくなります。(傷みが少ない場合)
 
髪が細い、少ない、ぺちゃんこになる・ハリ、コシがない・・・
パーマエステを繰り返すことによって、根のとの立ち上がり弾力が出てきます。あとはお家でのお手入れですが、シャンプーや養毛剤を正しく使うことです。値段が高ければいいとかではなく、自分に合ったものを、正しい使用方法で使うことです。
 
“くせ”がきつい 。
従来のストレートは、強い薬液をつけてひっぱたり、しごいたりして伸ばしましたが、これを続けると必ず髪を傷めよけいにおさまりにくくなります。エステでは髪に必要な水分栄養分を補給しその重みで自然におさまり、手入れのしやすい髪質にしていきます。縮毛矯正ではなく髪質改善なのです。いくら真っ直ぐになったとしても、水分のないぱさぱさの広がった、枝毛だらけの髪では?
ストレートエステは、回数はかかりますが、つやつや・サラサラのそれでいて潤いのある本当に綺麗な髪によみがえります。人により差はありますが、一回でも普段のお手入れはかなりらくになり、おさまります。最終的には乾かすだけで、地肌にフィットする髪質に改善されます。
痛み編
枝毛、切れ毛で困ってます。
枝毛は、その部分を切ってもその上5センチくらいは内部で亀裂の入った状態にあります。そのため枝分かれした部分を切っただけでほっておくと、またその部分から枝毛になります。先の分かれた部分は、修復不可能ですが、内部の予防は出来ます。ずーと枝毛でお悩みの方は、トリートメントエステで枝毛の出来にくい髪質に改善しましょう。切れ毛は、枝毛からきれていくものや、濡れた髪は非常にデリケートな状態です、目の細かい櫛でといたりしていませんか?スクエアではお家でのお手入れ方法もしっかりアドバイスしています。
 
乾燥して毛先がはねる、納まらない。
髪は毛先・中間・根本それから内側・外側で状態が違います。パーマ、カラー、ブローすべてにおいて同じお薬でパーマ・カラーをし、同じ手入れをしていたのでは、毛先に負担がかかってきます。スクエアでは、お客様一人ひとりにあわせたお薬を調合し、その時の髪の状態や部分で分けて調合していきますので、根本から毛先までベストな状態の仕上がりになります。毛先がパサついたり、おさまらない方是非おためし下さい。
パーマ・カラー編
パーマがきれいにかからない、すぐ取れる・ カールが乾くと無くなるのはどうして?
パーマをあてると、ウエーブをつける代償として、髪の中の栄養分を出してしまいす。そしてバサツキやきしみが起こり、繰り返すと弾力が無くなり、チリチリにしかかからなくなります。きれいなカールには水分と髪の栄養分が必要です。パーマエステは、髪に栄養を補給しながらカールをつくりますので、回数を重ねてもより綺麗になります。
 
パーマ、カラーの繰り返しでボロボロ・バシバシになっている、なんとかなりますか?
カラーやパーマは色を入れたりカールをつける代償として髪の栄養分を押し出します。それを毎月のように繰り返すと、髪は栄養失調状態です。髪の組織まで無くなっている部分は、回復不可能なので切っていくしかないでしょうが、組織が残っていれば、エステで回復します。
 
ストレートパーマを充ててもストレートにならないのはなぜ?
従来のストレートパーマの液はパーマ液と同じものですこれではパーマを取る程度のことしかできません、たとえストレートになったとしても濡れているときだけで、乾くとダメージでよけいに手入れがしにくくなる事が多くあります。どういう状態でカールになっているとか、縮毛になっているかは、人それぞれ違います。たとえば栄養分が足りなくて、縮毛になっている毛質の人にストレートパーマのような栄養分を出す技術をすると、よけいにおさまらなくなります。正確な毛髪診断とカウンセリングが必要です。
 
パーマをかけると、不自然に広がる?
エステでストレートをあてながらパーマをあてることができます。パーマをあてる前より落ち着きます。パーマをあてるのと一緒に髪に必要な栄養分を補給しますので、髪質も改善されます。不思議でしょうけど可能なのです。
 
傷まず、カラーをしたい。地毛を明るく決めたい。
カラーエステをおためし下さい。1回でもつやつやになりますが、回を重ねるごとに艶が増し色を入れるのと一緒に水分と栄養分を補給しますので、潤いのある髪になります。明るく染めると染めた時はいいのですが、日が経つと退色して嫌らしい色になったり、てっぺんが黒くなりプリンのようにくっきり型がついたりしますが、カラーエステの場合かなり明るく染めても、落ち着いた自然な仕上がりになります。
頭皮編
オイリーに傾く原因は?
精神的ストレス、緊張状態、遺伝、食生活(ビタミンBの不足)などが挙げられます。男性の場合男性ホルモンの影響で女性に比べ体質的に皮脂が出やすく20〜39歳頃にピークを迎え、その後は減少します。男性はストレスや疲れにより男性ホルモンのテストステロンをDHTに変身させてしまい、皮脂過多になりやすいといわれています。一方、女性の場合はストレスを受けることで男性ホルモンが増加し、オイリーに傾きます。皮脂腺の多いアゴや口の周りにニキビができたりするのもこのためです。
> 頭皮ヘア「ヘッドスパ」の情報はこちら
 
ドライに傾く原因は?
乾燥はハイドロ脂質フィルム(皮脂と汗と混ざってできた薄い膜)の欠乏といわれ、度を越す異常乾燥といわれています。このフィルムは、紫外線、寒さ、乾燥、公害、刺激の強いヘアケア剤などから頭皮を守ってくれますが足りなくなると頭皮はセンシティブな状態(赤み、つっぱり、ヒリつき、かゆみ、炎症)などに傾きます。女性がフケを気にして一日に何度もシャンプーをしてしまったり、洗浄力の強いシャンプーを使用してしまうと、異常乾燥の悪循環に陥りやすくなってしまいます。また、アトピーの方は確実に乾燥肌なので注意が必要です。40代以上の女性は基本的には乾燥肌です。
> 頭皮ヘア「ヘッドスパ」の情報はこちら
 
頭皮が硬くなる原因は? (女性によくみられるトラブルです)
ストレスなどによる頭部の筋肉の硬化、重力による頭皮のさがりから頭皮自体が薄くなり難くなってしまったり、慢性的な肩こり、首のこりなどにより頭部への血液の供給が不十分になってしまったりと原因は様々です。指でつまめるくらいの弾力が残っていなければ、理想的な弾力より硬くなっていると思われます。抜け毛や、ハリコシの低下、白髪、額のシワなど頭皮の弾力に影響される箇所は多くあるので注意が必要です。
> 頭皮ヘア「ヘッドスパ」の情報はこちら
 
頭皮が赤くなる原因は?
まず、頭皮が赤くなるということは炎症といえます。炎症している状態とはそこに血液が多く流れている状態で、人の身体が異常の起きている部分を治そうとする作用です。原因としては、様々な外的な刺激や、過度のヘアケア、シャンプー剤のすすぎ残しなどが挙げられ、基本的にはかゆみを伴います。
 
かゆみが出る原因は?
ハイドロ脂質フィルムの欠乏した頭皮に汗が付着し、頭皮がアルカリ性に傾くことにより炎症が起こり、かゆみを出します。また血行不良の頭皮に血流が戻る時にかゆみを伴うことがあり、その場合は乾燥肌の方ほど強いかゆみを伴います。
> 頭皮ヘア「ヘッドスパ」の情報はこちら
 
フケ症になる原因は?
フケは頭皮の古い細胞が角質となってはがれ落ちたものです。通常28日というサイクルを保っていますが、ホルモンの分泌異常や栄養バランスの乱れで10日〜14日の周期になってしまいます。フケには脂性、乾燥性とあります。脂性のフケの場合適度な洗浄力のシャンプーを使用し、乾燥性のフケの場合は洗浄力の強いシャンプーは避け、油分を補うことが必要となります。またフケの原因となるフケ原因菌は、皮膚常在菌のひとつで皮脂の多い所に多く存在し、女性より男性に多いとされています。
> 頭皮ヘア「ヘッドスパ」の情報はこちら
ビューティヘッドエステ「MIYABINAヘッドケア」
心斎橋スクエア
C-sed(上本町)



初めての方へ  |  髪質改善  |  カウンセリング  |  サロンメニュー  |  ヘアスタイルギャラリー  |  ご予約について  |   お問い合せ  
オプションメニュートップ  |  耳つぼエステ「エスティア」  |  ビューティヘッドエステ「MIYABINAヘッドケア」
よくある質問  |   サロン情報  |  スタッフ募集
心斎橋スクエア
大阪市中央区南船場3-5-20
地下鉄心斎橋駅徒歩1分 クリスタ長堀北8番出口
copyright 2008 shinsaibashi square